+デザイン&コミュニケーション I CI マネージメント ブランディング事例_リンナイ株式会社さま

デザイナー秘書業務や研修、御社の価値を最大化する商標活用や商標戦略、
ブランディング、ブランド・デザインコンサルティングは... +デザイン&コミュニケーションで。

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

+デザイン&コミュニケーション since 2008-09-23

1_rinnai.png

2011 +design & communication

クライアントさまに声をいただきました。LinkIconアンケートの原本はこちらから...

Q_ ご依頼いただいた案件は何ですか?
部署クレドの制作(eビジネスカラー)
Q_ 弊社にご依頼いただく動機となった、問題点や悩みを具体的に伺えますか?
新規部門であるeビジネス推進室を立上期から次のステージに成長させるタイミングでした。
事業の立上から事業の発展にシフトするには、まず組織を強化することが第一と考え「同じ価値観のもと連携感を高る」
「能動的に行動し応用できる」ことをいかに実現するかを模索していました。
Q_ 弊社のサービスを知って直ぐに依頼しようと思いましたか?
クレドに興味を持った段階では、必要に迫られるタイミングでなかったことと社内的に部門内で費用を捻出する理解が
難しかったので依頼まで時間がかかりました。
※不安要素や他社の比較はありません。
Q_ 何が決めてとなって弊社に依頼しようとご決断されましたでしょうか?
この案件で依頼させていただく1年ほど前にジャパンケミカルさんの名刺リニューアルに感銘を受け、クレドのお話を
聞かせていただいていましたので、部門でこの取組みを進めるときは御社にと決めていました。
Q_ 実際に依頼してみていかがでしたか?
期待以上のことを実現いただき大変感謝しています。また、成果物だけでなくプロセスにおいて大きな気づきを
いただきました。メンバーに細かな気配りをいただくなか本音を引き出していただき社内では見えにくい個々の
課題なども見つかり、形だけではない組織強化に繋がったと感じています。
Q_ 依頼前とブランド構築後(デザイン再構築後)に良い変化はありましたでしょうか?
a)対外的な部分では...
R.STYLEにおけるお客様への対応レベルが上がったと感じます。実際にお客様レビューにおいても感謝の声の量と
質が上がったと思います。社内他部門からも組織の一体感や目的・目標に一貫性をもった部署と見てもらえるよう
になったと感じます。
b)社内的な部分では...
組織の内部としては、お客様を起点に考え能動的な行動ができるようになったと感じます。新たな局面にさしかかっ
たときの「迷い」がなくなったと思います。さらに直近ではメンバーそれぞれが自己の業務に誇りを持って行動して
いるように感じます。
Q_ その他、気がついた点やご要望等は?
クレド構築から1年半が経過し、当初の狙い以上の結果となったと思います。但し組織を継続発展させるためには、
クレドの継続とさらなる工夫が必要かと感じます。可能な範囲で結構ですが、eビジネス推進室のパートナーとして
今後もアドバイスいただきたく宜しくお願いします。
(メンバーも上田さんのことを良きパートナーとして信頼してます)

eビジネス推進室の皆さま、福本室長さま、ありがとうございます!
→リンナイさまのホームページはこちら。
→リンナイ・eビジネス推進室さまが運営する、顧客と絆を結ぶサイトはこちら。

Copyright 2011 +design & communication All Rights Reserved.